Top > diary > 2008-04-05

光回線 Edit

 市営住宅に住んでいると棟の会合で導入を決定しない限り光回線を使う事が出来ないのだが、どうやらフレッツ光プレミアム VDSLの導入を決定したらしくようやく光回線を使う事が出来るようになった。  個人的にはEO光の方が良かったのだが、選定に参加していないのでしかたがない。
 4/4端末設置工事が完了したので、仕事から戻ると早速 設定を始めてみる事にした。DHCP機能が有効になっていると予想してパソコンのIP設定を自動取に変更してみるとDefault Gatewayが確認できた。後はDefault Gatewayにブラウザーで繋ぎに行けばルーティング設定ができると思ったが、甘かった。どうやらマンションプランの場合、棟に中継サーバを置きそこでCTU(加入者網終端装置)*1なるものを設定して接続しに行くようで、得説明書は専用ソフトを入れないと設定できないような書き方(全部詳しく見ると接続用のアドレスを見つける事ができる)までしてあるが、実際は専用ソフトにショートカットが登録してあるだけで、ブラウザーに直接アドレスを指定してもCTU設定ページを開く事が出来た。ただこれに気がついたのは後の方で、CD-ROM故障中の状態で別PC経由のインストを行った後だった。
 家のLAN環境は各機器のURLを指定するのがメンドクサイため、一部固定IPを使っている。という事でDHCPサーバーが流すIPアドレスを変更する事にした。ここで問題発生・・・PCの無線LANは問題無くIPの自動取得が出来ているが、携帯の無線LANでIP自動取得に失敗するようになった。症状としては無線LANアクセスポイント接続のためのWEP接続キーが間違っているという事だが、実際にはキーは問題無く自動取得のIPにIPv6アドレスが適用されてい状態だった。CTUの設定を調べてみると光電話に固定IPをMACアドレス指定で渡せるようになっている。この固定IPを渡す機能を利用して携帯の無線LANも追加してみると無線LANアクセスポイントに接続することができた。

IP電話 Edit

  • 最近はIP電話を入れているところもだいぶ増えているようで私の通話先はほぼIP電話だったりします。 (^^;
  • 会社のIP電話は音質が悪い印象だったのだが、今回自宅に引いたIP電話の音質は意外と良い感じだった。会社のIP電話は電話機側が古いため音質が極端に悪くなっているとかいう話だが・・・。
  • IP電話はインターネットを通して利用するため、接続経路で障害が発生すると電話が使えなくなるのですよね。機械トラブルも多く停電や熱源の付近に関係機器を置いておくと動作不良を起こす事もある。電話が使えなくなった時は一度、関係機器のコンセントを抜いてみると殆どの場合、復旧できる。

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes