Top > diary > 2008-03-29

[X01T][IPアドレス] Edit

 LAN内のローカルIPアドレスをチェックしていると、LAN内で使っているプライベートIPアドレスと違う値があるので調べてみた。するとどうやら自分のパソコンが発信源でLANに使っているIPアドレスと別に存在している。

      Connection-specific DNS Suffix  . :
      IP Address. . . . . . . . . . . . : 169.254.2.2
      Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
      Default Gateway . . . . . . . . . :

 うんで、こやつはX01TをUSB接続したときに作られるようで、パソコンとWindows Mobile を接続するために利用されているようだ。

リンクローカルアドレス
Windowsなどでは、IPアドレスが設定されておらず、DHCPサーバも見つからない場合には、自動的に169.254で始まるクラスBのIPアドレスが振られる(APIPAという機能)。 これはリンクローカルアドレスと呼ばれ、単一のLAN内での通信に使うことができるが、ルーティングができないなどプライベートアドレスとは異なるものである。(wikipedia.org-IPアドレスより抜粋)

 ただ実際にはDHCPも存在するしIPアドレスも設定している事からUSB接続だけのために無理矢理使われているようだ。またX01Tのレジストリを調べてみると

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Comm\DTPT
    DTPTCLI_ADDR 169.254.2.1
    DTPTSRV_ADDR 169.254.2.2

となっていてDTPTはDesktop Passthroughの略らしい。ちなみに、試しにこのアドレスをプライベートIPアドレスに変更してみるとActiveSyncで接続できなくなった。(パソコンのIPアドレスは、変更が反映していた)

 X01Tから[設定]→[接続]→[PCへのUSB接続]にて「高度なネットワーク機能を有効にする」のチェックを外すとリンクローカルアドレスを使った接続を使わなくなるため、消す事ができる。ActiveSyncの同期接続が失敗するという方は、この方法でチェックを外すと手っ取り早く接続に成功できる。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes