• The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
TITLE:PukiWikiページの出力
*page_viewer.inc.php [#h27872ab]
#table_edit2(,table_mod=open){{
|SIZE(12):RIGHT:100|LEFT:360|c
|~目的|[http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/ Plus!公式]で自作プラグインサンプルを表示できないかと考え作ってみました。つまり[http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/index.php?Plugin%2Fgreybox.inc.php greybox.inc.php]で利用するために作っています。|
|~対応バージョン|1.4.7plus-i18nで確認|
|~作成者|taru|
|~公開日|&new{2006-10-12 (木) 0:05:52};|
|~ライセンス|GPL|
}}

#contentsx

*使い方 [#uf276b5b]

-先ず、defineを設定してください。~

''例)''

#expand(500){{{
 define('PLUGIN_PAGE_VIEWER_URL_CHECK', "/^(http:\/\/pukiwiki.cafelounge.net\/plus\/|http:\/\/taru.s223.xrea.com\/)/");
>[http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/ plus公式]か私のサイトからの実行を許可する。

 define('PLUGIN_PAGE_VIEWER_PAGE_FILTER', "/^(PukiWiki\/make|experimental)/");
>先頭の名前がPukiWiki/makeもしくはexperimentalの場合参照許可をする。

 define('PLUGIN_PAGE_VIEWER_SCRIPT', '');
><head></head>タグ内にSCRIPTを入れる場合' 'の中に指定してください。(必要なければ' 'のままでも良い)

-呼び出し方法
 http://(page_viewer.inc.phpを設置しているサイトのURL)/index.php?plugin=page_viewer&refer=(ページ名)&part_num=(見出し順位)
※part_num=nを指定しなかった場合は、ページ全体を表示します。
}}}
*サンプル [#je2b23d5]
#expand(500){{
 &greybox(サンプル,http://taru.s223.xrea.com/index.php?plugin=page_viewer&refer=PukiWiki/make/charts.inc.php&part_num=11,,500,600);
>&greybox(サンプル,http://taru.s223.xrea.com/index.php?plugin=page_viewer&refer=PukiWiki/make/charts.inc.php&part_num=11,,500,600);

-こちらのサイトだと広告の関係なのかgreyboxプラグインの動作が完全ではありません。Plus!公式サイトで[http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/index.php?ExtendPlugin%2Fcharts.inc.php#pe8fe174 charts.inc.php]の紹介に同じ方法を使ってサンプルを置いていますが、これは正しく動作しています。
}}

*ダウンロード [#lb25296b]
#table_edit2{{{
|SIZE(12):|SIZE(12):|SIZE(12):|SIZE(12):|c
|~ファイル|~Ver|~日付|~コメント|h
|&ref(page_viewer.inc.php.0.3);|0.3|'06/10/14|ページに添付だけして記載するのをわすれてました。orz|
|&ref(page_viewer.inc.php.0.2);|0.2|'06/10/13|影響は無いと思いますが、一部抜けを修正しました。|
|&ref(page_viewer.inc.php.0.1);|0.1|'06/10/11|とりあえず思いついた事を試したかっただけです。たぶん役立つところは少ないでしょう (^-^ |
}}}

*コメント [#md548444]
- このプラグインにインライン型などの機能を加え、greybox を内部で呼ぶようにして、引数を簡易にするってのはどうですかね? -- [[upk]] &new{2006-10-12 (木) 21:47:11};
- ふむ、一段落ついたのでちょっと考えてみますね。このままだと微妙な(使い所がない)プラグインですしね (^^; 。 -- [[taru]] &new{2006-10-12 (木) 21:59:07};
- JavaScript との連携部分ってハードコーディングになってしまっているので、ちょっと厳しいですね。 -- [[upk]] &new{2006-10-13 (金) 10:55:39};
- 一部Java用のディレクトリ宣言部が固定になってましたね…、0.2で修正しました。&br;
インライン、ブロックプラグインの追加をしてみました。(&ref(page_viewer.inc.php.0.3);)ただ引数が元々多いので順位取得方式だと指定時に混乱が起きそうなので名前指定方式で作ってみました。
#table_edit2{{{
|&_(ja){引数};|説明|省略値|h
|refer|ページ名を指定します。|必須|
|caption|表示する文字列を指定|no caption|
|url|リンクするURLを指定|省略した場合は、同サイト内のページを検索します。|
|img|画像を利用したい場合は指定|なし|
|height|高さ|全画面|
|width|幅|全画面|
|part_num|見出し順位を指定。指定した見出しだけを表示|省略した場合は、ページ全体を表示|
}}}
この為、全部の引数を指定するとさらにややこしくなってしまう仕様です。 (T-T 
 &page_viewer(caption=サンプル,refer=PukiWiki/make/charts.inc.php,part_num=11);
と指定すれば &page_viewer(caption=サンプル,refer=PukiWiki/make/charts.inc.php,part_num=11);
となります。 -- [[taru]] &new{2006-10-13 (金) 23:16:57};

#comment


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes